そもそも「白髪染め」とは?

前回の投稿では、また後日また後日と投げっぱなしにしてしまいましたが

少しづつ、お話していきます。

 

今日は、そもそも「白髪染め薬剤」って何なん?

ということを書きます。

 

成分も大切ですが、今日はその薬剤の効果、にフォーカスして書こうと思います。

 

白髪染めのお薬の効果は、

少し特殊です。

 

カラーをする目的は

黒→  →黒 の様に

色を変化させること、なのですが

 

白髪染めの対象となる部分は

黒と二種類の色が混ざっています。

目標はいい感じの茶色。つまり

黒→茶  茶 

【明るくする】⇔【暗くする】

この相反する二つを一本で

同時進行で行うという

カラー界のジキルとハイド(善悪じゃなんですけど)

なんです。

 

何気になんとなーく白髪染めてもらってませんか?

あれ、すごいんです。メーカーさんの努力の結晶です。

白黒が混ざった異なる素材を、二つの違った効果を同時に発揮し、

いい感じの同じ茶色に揃えるんですね。

実際見てみましょう。

1980182_984169788329795_4185521687709505797_o

アリミノさんのiカラープライムを使用しています。レシピは

ご連絡頂ければお伝えします。(隠すほどのものではございませんので)

 

ここまでご理解いただけましたでしょうか?

まとめます。

混ざった部分がいい感じに茶色に揃う

これが白髪染めの薬剤の効果です。

 

前置きが長くなりましたが…

 

ここからが本題です。

ZelCova-ゼルコバ- 堺市三国ヶ丘で一番明るい、艶のある、白髪染めを目指すサロンのヘアカラーの考え方

↑ここでは

ゼルコバでは【白髪染め】と世間で分類される薬剤は

プリンの部分(根元の部分)に1回だけしか使いません。

と書きました。

 

なぜなら、白髪染めの薬剤は

白黒混合の部分に対して作られているから

です。

 

画像の根元以外の部分は茶色いですよね?

この部分にもし、

白髪染めのお薬を塗布してしまうと…

  • 黒→茶 の効果が髪の毛に必要以上の負担をかけ、不必要なダメージの原因になる(パサパサに)
  • 茶 の効果がせっかくいい感じの茶色になった部分を真っ黒にしてしまう

という悲しい結果になります。

 

簡単に申し上げると

傷むし、見た目も綺麗にならない

ということです。

 

ホームカラーは全体に塗りがちですし

金属系の染料も入っているものもありますので注意が必要です。

(入っていても表記されていません)

 

残念ながら、堺市三国ヶ丘にある当店の周りにお住まいの方が通ってらっしゃるサロンでは

いまだに全体を白髪染めで染めているサロンが多々あるようです。

深井の方も、明るい白髪染めのしてくれるサロンが無かったので

ゼルコバまで来て頂きました。

 

話を戻しますが、

白髪染めの薬剤が

白黒混合の部分を対象としている以上

塗るのは根元の部分のみしかない。

 

他の部分はおしゃれ染め、またはトリートメントカラー

ということになるわけです。

 

TEL 072-229-2772

ホームページはこちらをクリックまたはタッチ

便利なネット予約はこちらをクリックまたはタッチ

地図はこちらをクリックまたはタッチ

 

広告

そもそも「白髪染め」とは?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ZelCova-ゼルコバ- 堺市三国ヶ丘で一番明るい、艶のある、白髪染めを目指すサロンのヘアカラーの考え方 | ZelCova-ゼルコバ- 3Dカラー×白髪染め

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中